ワイマックスを無料で15日間お試ししよう!

 

ワイマックスを考えているけど、

 

  • どうしても自分の行動範囲がワイマックスのエリア内かどうかきちんと確認したい・・・
  • 通信速度がどれだけのものか不安だ・・・
  • 動画など大きい容量の通信でもちゃんとつながるのかな・・・
  • 地下では圏外になりやすいって聞くけど、どの程度なのかしら・・・
  • 家族でパソコンやスマホ、タブレットなどマルチデバイスで同時通信したいけど大丈夫かな・・・
  • 家の中でもちゃんと問題なく電波が届くかな・・・
  • 雨や雪、台風の日でも問題なくつながるかな・・・

 

こういったことがどうしても気になる、そんなときでも安心してください。

 

ワイマックスを無料で15日間お試しできるサービスがあります。

 

UQ WIMAXの15日間無料お試しキャンペーン

ワイマックスを無料で15日間お試しできるのは、UQコミュニケーションのUQ WIMAXです。

 

申し込み方法

 

UQ-WIMAXのショップページへ⇒http://www.uqwimax.jp/shop/

 

ショップページから公式ホームページに飛びます。

wimaxお試し

 

トップページから「Try WIMAX」をクリック。

wimaxお試し

 

Try WIMAXのお申し込みをクリック。

wimaxお試し

 

申し込みの注意点

 

申し込みにはクレジットカードの登録が必要

 

申し込み時には使用できるクレジットカードの登録が求められます。
これは、もし契約期間内にwi-fiルーターなどの機器が返却されない場合には、
後で話す違約金が引き落とされるためです。

 

お試し期間内にきちんと機器を返却すれば、料金は一切発生しません。
また、クレジットカード会社から「ご利用案内通知」が届く場合があるらしいです。

 

これはショッピング利用枠を確保するための通知だということで、
いずれにせよ料金は一切発生しません。

 

貸し出し期間

 

貸し出し期間は、申し込み完了後、wi-fiルーターが発送されてから、
wi-fiルーターを返却して到着するまでの間で15日間です。

 

wimaxお試し

 

注意するのが、wi-fiルーターが発送されてからスタート、
wi-fiのルーターを返却してそれがあっちに到着するまでで15日間ということです。

 

つまり、発送と返却の時間も15日間の中に含まれるので、
実際にお試しできる日数は、12日~13日間程度だと思っておきましょう。

 

 

サービスの解約方法

 

サービスの解約は、炎客下貸し出し機器(wi-fiルーター)の到着をもって完了となります。
特別な解約手続きはいりません。

 

違約金の発生条件

 

15日間以内に貸し出し機器(wi-fi)の返却が確認できない場合、
指定の違約金が発生します。
利違約金の額については下のとおりです。
wimaxお試し

 

合計32600円の違約金が発生します。

 

利用できるサービス

 

サービスについては、ワイマックスを通常とおり利用できます。
お試しだからといって、サービスの制限があるということはありません。

 

また、レンタルできるwi-fiルーターは全部で4種類。

 

どれを選ぶか迷うかと思いますが、おすすめは断然一番左のHWD14です。
これだけが唯一WIMAX2+に対応しているので、
LTEを超える超高速ネット通信を体感することができます

 

このルーターはワンタッチでWIMAXの電波を使うか、
WIMAX2+の電波を使うか切り替えることができるので、
2つのサービスをしっかりと比較することができますよ。

 

UQ-WIMAXでお試しした後は、後は料金やサービス内容で一番お得なプランを選ぼう!

 

お試し期間中に

 

  • 通信速度
  • エリアの範囲
  • 使いやすさ
  • 屋外、屋内での通信性
  • 天候によって通信性の良し悪し

 

こういったことがチェックできて、実際にワイマックスを契約することを決めたら、
後はどこのプロバイダで契約するかが重要です。

 

プロバイダがどこであっても、ワイマックスであれば回線は全て同じものを使っているので、
上で書いたような性能面に関してはどこも全て一緒
です。

 

後は、

 

  • 何年縛りの契約か。
  • キャッシュバックはどのくらいあるか。
  • ルーター代や手数料などの初期費用はかかるか。
  • WIMAX2+の回線も一緒に使えるか。

 

などのお得度契約内容だけが違うだけなんです。

 

なので、数多くあるプロバイダの中から比較して、
一番お得なところを選んで契約をするのが大事です。

 

⇒【WIMAXプロバイダまとめ】一番お得なワイマックスを徹底比較!!