スマホの使い方にこだわって行くとSIMフリーだといろいろメリットが多い事に気がつきますが、。
そんなSIMフリースマホのメリット、デメリットを説明します。

 

スマホが人気になってきた大きな原動力としてやはりiPhoneの存在は大きいです。
ところが以前日本で売られているiPhoneは購入したキャリアでしか使えないロックのかかった物でした。
私は海外に定期的に出張がある為、出張先の国でも携帯の回線契約をしています。

 

スマホならば使用する周波数さえ適合すればSIMカードを差し替えて各国のプランを使えるのが世界的な常識ですが、
日本の端末ではそれが出来ませんでした。
そこで私は日本でスマホを購入するのではなく海外で端末も購入して日本で使用しています。

 

メリットもあるけど注意したい白ロムスマホのデメリットも

 

SIMフリーのスマホを使用するにあたり、メリットとしてはSIMの差し替えが行えると言うのが最大のメリットです。
最近は安い月額プランの回線がありますが、安いプランではデータの転送量に注意する必要があります。
一定の転送量を使ってしまったらもう1枚安いSIMカードも持っていれば差し替えて無事使う事が出来ます。

 

安い月額のプランならば2枚契約しても大手キャリアのデータ無制限(無制限と言いつつもデータ使用量の上限は設定されています)プランよりも安くなる事があります。
何よりSIMの交換で同じ端末を使いますから海外などに行った時でも電話番号こそ変わってしまいますが、
データやスマホの環境が日常で使用している物そのままなので特別な用意をせず過ごせます。

 

このようにいい所ばかりと思いがちなSIMフリースマホですが、海外で購入するとなるとちょっと注意が必要です。
海外で売られているスマホの中には日本で許可を取っていない電波の周波数に対応をしている物があります。
それらの製品を使うと違法となってしまうので注意しましょう。

 

また日本のキャリアに接続するための周波数に対応していない製品もあるので良く下調べをする必要が出てきます。
さらには万が一スマホ本体が故障などしてしまった場合にメーカーの保証が日本では受けられないケースがあります。
このあたりの手間がデメリットと言えばデメリットとなってしまいます。

 

最近はAppleストアでもキャリアに依存しないSimフリーのモデルを売っていますし、
GoogleのNexusシリーズのように安価でSIMフリーの端末もあります。
SIMフリースマホはせっかく用意されているSIMを交換できると言う機能を最大限に使って、お得なスマホ生活にしましょうね。

 

スマホ料金が高いと感じているあなたには格安SIMという選択肢も

 

白ロムスマホ、SIMフリースマホという話をしてきましたが、そういった端末のメリットはどんな会社とでも契約ができるということ。
俗にいう赤ロムと呼ばれる携帯会社のロックがかかっているスマホだと、その会社かその系列の会社でしか契約ができません。

 

しかし、白ロムやSIMフリースマホだと多くの携帯会社の中から自分の好きなところを選べるというメリットがあります。

 

そして、今話題になっている格安スマホ。
一般的に大手3大キャリアと契約している方からするとこんなに安くなるの!?と驚いてしまいます。
私自身そうでしたから・・・。

 

是非是非、携帯の料金の高さを強く感じている方こそ、一度格安SIMという選択肢も考えてみて下さい。

 

⇒スマホ・タブレット利用でおすすめの格安SIM各社まとめ